画像1画像2 画像3 画像4

概要

 サーツは、高度な技術や豊富な経験をもつベテラン建築技術者の集まりです。
 培ってきた技術に加え社会の変化に対応する新たな技術の習得・研究に努め、
 次世代への知識・技術の伝達、市民への建築・住宅に関する技術の情報発信
 活動
などを通じて公正中立な立場から社会に貢献することをめざします。

提供者

水彩画提供:平川政隆氏

新着情報

     ブロック塀の安全性確認と耐震対策
        に関わる相談をお受けします

 大阪北部地震を期に、ブロック塀の安全性について関心が高まってきています。 1978年の宮城県沖地震でも、犠牲者の65%近くが門柱やブロック塀の倒壊が原因とされ ています。こうした状況を鑑み、当協会では地震時の安全確保に寄与すべく、ブロック塀に関する下記の相談や業務を実施することとしました。
                記
① ブロック塀が法基準を満たしているかについて、経験豊富な当協会会員
 (一級建築士)が相談を受けます。
  図面、写真などを当協会に持参して相談にみえる場合は、原則、無料です。
  なお、現地に出張する場合は別途費用がかかりますので、事前に見積書を提
  示して相談させて頂きます。
② 耐震対策・補強方法の提案
  倒壊防止のための安全で経済的な改修・補強対策を当協会一級建築士事務所
  が検討し、改善案をご提案します(有償)。
③ 改修・補強工事の監理
  適切な改修・補強方法を策定後、施工段階での工事監理を当協会一級建築士
  事務所が行います(有償)。

    参考図面(ご相談の前にこの参考図面を参照してください)→
    ご相談・問合せはこちらから→   

平成30年度第3回 サーツ寺子屋
    「非構造部材の耐震化と機能継続」

 日時:平成30年8月21日(火)18:00~20:00
 会場: 東京大学 本郷キャンパス工学部11号館8階 松村藤田研究室 会議室
 講師:清家 剛(東京大学 新領域創成科学研究科 准教授、サーツ会員)
 受講料:無料 (ただし、資料代・飲物代など 一般1,500円、学生1,000円)
 募集人員:25名

       講座概要→       受講申込み

省エネ技術(外断熱・サッシ改修など)と補助金活用に関する
       コンサルティング業務

 地球温暖化対策の一環として、建築物のエネルギー消費性能向上に関する法制度が新設され、またこの対策を促進すべく、国や地方自治体において省エネ改修工事に対する補助金制度も設けられています。
 省エネは環境の改善建物の長寿命化と同時に、居住空間の快適さ居住者の健康リスク低減にも寄与する重要なテーマと考えています。
 当協会では、こうした事業を促進支援すべく、豊富な経験とノウハウを活かし、次のようなコンサルティング業務を行います。
 ただし、NPO法人としての中立的な立場を堅持し、業者選定には関わりません
 対象:集合住宅居住者、集合住宅オーナー、戸建住宅居住者、設計事務所など
 業務内容:
  ① 効果的な省エネ対策の立案
    外断熱やサッシ改修など、省エネに関わる諸技術を総合的に判断し、
    最適な対策案を提示します。
  ②補助金の活用支援
   ・公募中の補助金制度の内、最適なものの選定
   ・補助金申請計画、書類作成に関わる支援 、申請代行
  ③ 管理組合における合意形成支援

 担当:NPO法人建築技術支援協会  理事 丸山和郎、正会員 正岡智子

   →詳細資料はこちらから(PDF)    →ご相談はこちらから

「CLT建築物等遮音性能研究開発」(林野庁委託事業)
 成果のご紹介

  平成28年度補正 林野庁委託事業「CLTなど建築物等普及促進委託事業」
 (CLTの 性能データ収集・分析)にて、以下のことを実施しました。
  1.テーマ  
   ①CLT床・界壁の遮音性能試験
   ②CLT建築物、実物件の遮音性能調査・測定
   ③「CLT建築物の遮音設計マニュアル」作成
  2.事業実施期間    平成29年1月~平成30年2月
  3.閲覧資料
     →「事業報告書」は、こちら
     →「CLT建築物の遮音設計マニュアル」は、こちら 
       *「CLT建築物の遮音設計マニュアル」については
        日本CLT協会の ホームページ
からもご覧いただけます。

『在宅避難3日間運用ノート』
((一社)日本建築設備診断機構(JAFIA))発行)ご紹介

 当パンフレットは、いつ起きるかわからない災害に備えて設備に関する最低限の知識と診断ノウハウにつ いて解説されており、ご自分のノートとしてカスタマイズが可能。
<ノートの主な内容>
 ・大災害で設備にどんな被害が起きるのか?
 ・住戸設備の被害の確認方法は?
 ・共用設備の被害の確認方法は?
 ・災害時に確認が必要な設備のリストをつくる
 ・家を空けて避難するときの注意事項
    (会員からのお勧め図書です。詳細は→

東京都都市整備局募集の
「良質なマンションストックの形成促進計画(案)」への
コメント提示

 東京都都市整備局が募集していた(2月22日締め切り)上記の計画案に対して、サーツとしてのコメントを提示しました。
  東京都都市整備局の「良質なマンションストックの形成促進計画(案)」
  サーツのコメント

再改定版第2版
「あなたが知りたいマンションの耐震性ー過去の地震の被害と教訓

             平成28年1月15日改訂刊行しました。         
 あなたのマンションの被害想定やその対応(平常時を含む)における管理組合の役割耐震診断・改修の進め方などの他に、耐震改修促進法の施行地震保険制度の改訂等多くの最新の情報を盛り込みました。 (30ページ)
   
   表紙 (拡大表示:目次を見る)    裏表紙(一部拡大表示)
  価格:900円(税・送料込み、地震保険、Q&Aの挟み込み資料を含む)
               購入申込み→(FAXの場合03-5689-2912へ)

特殊建築物等定期調査報告業務
建築設備・定期検査報告業務 を代行します(昇降機は除く)

 当協会では「特殊建築物等定期調査報告」と「建築設備・定期検査報告」の業務を代行します。

■よくあるご質問


木造住宅合理化システム普及協会のご紹介  

  ホームページへ→  
 ・サーツは平成24年度より、同協会の事務局業務を支援しています。   
 ・同協会は(公財)日本住宅・木材技術センターの「木造住宅合理化システム長期性能タイプ認定」を取得しました。 詳細→
 

国土交通省 木のまち・木のいえ整備促進事業補助金事業の成果物により作成   

 「木造住宅・工事管理テキスト」(PDF)   
 「木造住宅・工事チェックシート」(PDF)

 建築技術支援協会事務局
 場所のご案内(地図・アクセス)
 〒113-0033 東京都文京区本郷3-43-16
 コア本郷ビル(旧成田ビル)7F
 e-mail: psats@psats.or.jp
 TEL 03-5689-2911
 FAX 03-5689-2912

最終更新日:2018.07.04
 建築技術支援協会事務局
  場所のご案内(地図)
 〒113-0033
 東京都文京区本郷3-43-16
 コア本郷ビル(旧成田ビル)7F
 e-mail: psats@psats.or.jp
 TEL 03-5689-2911 
 FAX 03-5689-2912